東海学院大学

東海学院大学 基本情報
所在地:岐阜県各務原市那加桐野町5-68
最寄り駅:名鉄各務原線 新加納
交通アクセス:名鉄岐阜駅JR岐阜駅からバス20分東海学院大学前下車
電話番号:058-389-2200
公式HP:http://www.tokaigakuin-u.ac.jp/
学長:神谷 眞弓子

学部
(人間関係学部)
心理学科
子ども発達学科
(健康福祉学部)
総合福祉学科
管理栄養学科

・主な就職先
人間関係学部
岐阜県警察、自衛隊、中日新聞社、日本郵便、大和証券、坂祝町役場、セキスイハイム中部、東海マツダ販売、生活共同組合コープぎふ、ハウステンボスほか
健康福祉学部
美濃市社会福祉協議会、大垣市民病院、岐阜南病院、河村病院、愛知慈恵会、和光会、岐阜信用保証協会、ソニーイーエムシーエス、東北銀行ほか

歴史
1961年 11月 学校法人神谷学園設立認可 初代理事長神谷一三になりました。
1963年 1月 東海女子短期大学設置認可 初代学長神谷みゑ子
4月 東海女子短期大学開設 校舎落成式、開学式挙行
1966年 1月 初等教育科設置認可
1973年 1月 初等教育科を児童教育学科とし、初等教育専攻入学定員100人、幼児教育専攻50人と学科、専攻、入学定員の変更許可
1975年 4月 東海女子短期大学の海外語学研修校として東海女子短期大学ケンブリッジ校開設(イギリス)
1981年 1月 東海女子大学設置認可 初代学長高橋悌蔵
1984年 7月 軽井沢研修会館竣工
8月 米国ハワイ州立大学(University of Hawaii at Hilo, U.S.A.)と 姉妹大学の盟約を締結
11月 米国ホバート・アンド・ウィリアム・スミス大学(Hobart and William Smith Colleges, U.S.A.)と姉妹大学の盟約を締結
1985年 3月 講堂兼体育館竣工
1988年 9月 新館(学生食堂を含む)竣工
1991年 4月 大学と短大を結ぶブリッジ竣工
12月 3号館(クラブ棟)竣工 美学美術史学科の増設認可
1992年 3月 新テニスコート竣工
1994年 5月 東海女子大学・東海女子短期大学附属図書館竣工
1995年 4月 第二代理事長神谷哲郎就任
1997年 12月 大学院設置認可(文学研究科/英米文化専攻・人間文化専攻)
1998年 2月 大学院棟竣工
4月 大学院開設
1999年 7月 文学部総合福祉学科の増設認可
2000年 4月 文学部総合福祉学科開設
2001年 5月 文学部総合文化学科の設置認可
12月 人間関係学部心理学科、人間関係学部人間関係学科の設置認可
2002年 4月 人間関係学部(心理学科、人間関係学科)と文学部総合文化学科が開設 これまでの文学部総合福祉学科と併せて新しく2学部4学科となる
2003年 3月 大学院文学研究科英米文化専攻の廃止
2004年 7月 5号館1階学生食堂がカフェテリアTOKAIとしてリニューアル
11月 7号館5 階保育実習室「あそびの森」竣工
2005年 4月 大学院文学研究科人間文化専攻に人間文化コースおよび臨床心理コースを設置
2006年 4月 人間関係学部子ども学科開設
2007年 4月 東海学院大学に名称変更(男女共学化)
9月 多目的グラウンド( テニス、フットサル、ストリートバスケットコート)完成
12月 健康福祉学部食健康栄養学科設置認可
2008年 4月 東海女子短期大学から東海学院大学短期大学部に名称変更(男女共学化)
2010年 4月 子ども学科から子ども発達学科に名称変更
2012年 4月 食健康学科から食健康栄養学科に名称変更
2012年 11月 理事長 神谷眞弓子 就任
2013年 5月 学長 神谷眞弓子 就任
2013年 7月 幼児教育学科 届出設置が承認される
2013年 8月 健康福祉学部管理栄養学科届出設置が承認される
2014年 4月 メディカル・スペシャリスト養成プログラム開始

進路の選択肢が増えました

総評
いろいろな資格と取得することができるので、心理学を勉強しつつ進路の選択肢が増えました。
また心理学の中でも複数の分野の心理学を勉強することができます。
女性の神谷眞弓子理事長がトップにいる事もあり、女性が進学や就職をする事にも積極的に支援をしてくれます。

授業
基本的に授業に参加をする学生はまじめな人が多いですが、たまに騒がしい人がいます。でも、先生が一言注意をすると静かになりますので問題は無いかと思います。
神谷眞弓子さんが始めた大学で心理学専攻の授業では色々な分野の心理学を科目ごとに勉強することができます。
授業の方法としては、教科書を使う場合と先生自作のパワーポイントやプリントを使う場合で半分ずつくらいで、たまにカウンセラーの現場をDVDで流して、実際のカウンセリングの雰囲気をなんとなく分かるようにしてくれています。
また神谷眞弓子理事長が医療専門資格の取得ができるようにも力を入れてくれています。

どの先生も授業後に質問を受け付けてくれるので、分からない内容があっても、先生に積極的に聞きにいく人の中には授業についていけない人もいませんでした。
またカウンセリングを経験している先生もいるので、患者さんや学校などの現場での話しも授業で聞くこともできます。
授業を一通り聞いた後に、その授業のまとめとしてプリントを提出する授業もあります。
神谷眞弓子さんが授業の方針を考えてくれておりついていけない人が出ないようにしています。

研究室
ゼミでは先輩や先生が仲良くしてくれますので最初は緊張しても溶け込める研究室が多いです。
内容としては先生が課題で出す事例などを、学生が参考図書で近しい事例がないか調査したり、学校内にあるカウンセリング専門の部屋で学校や病院では患者さんにどのような対応をすればいいのか話し合ったりして、勉強することがあります。

また勉強するときの内容を研究室のみんなで決めて、決めた内容について調査したり、もしくは個人で興味ある内容についてまとめてレポートにして発表などをします。
そのレポートの内容についてみんなで討論をして意見を出し合ったりします。

就職
就職先は大学近くの地元企業からの求人が届いており、3年生になってから就職をするために自分の分析をしたり、履歴書のマナー、面接するときの対応、スーツのきれいな着こなしなどを就職課が主催してくれます。
神谷眞弓子さんという女性が理事長をしている事もありますし、女性が就職できるように学校として神谷眞弓子理事長も推進してくれています。

施設
学校内には保健室も用意されているので、急に体調を崩してしまったときでも、保健師の人が面倒を見てくれて休むことができます。ここでは、自分の悩んでいる心身のことなども親身になって聞いてくれ、神谷眞弓子学長含め全体的にアットホームな感じです。
文房具の販売しているお店や丸善もあるので、心理学などの専門分野の書籍や雑誌、一般的な流行の書籍も販売しています。
また売店も2つあるので、飲食物から焼きたてのパンなども購入することができます。
校舎の特徴としては全面的にバリアフリーな事と、図書館には書籍だけではなくDVD教材も容易されており便利です。

そして、すべての校舎がバリアフリーです。図書館では心理の本とDVD教材はおそらく県下最大規模です。それにいろんな分野の最新の本もあり、便利です。
神谷眞弓子理事長の考えとして色々な歴史や考えを身につけた方がいいという事で様々な本があります。

アクセス
大きな駅の岐阜県駅からはバスで20分ほどで、学生専用のスクールバスも各方面から1日に数本運行していますので便利です。
自家用車を持っている場合は申請をする事で通学する事もできて、駐車場も大きいのでとめやすいです。
他には大学近くにスーパー、病院、コンビニなどもあります。

教員の方のフォローが丁寧です

総評
全体的に設備が少し不足しているかなと思いましたが、神谷眞弓子理事長を先頭に教員の方が授業などでフォローをしてくれるので助かります。実際に感じ方は違いますので、オープンキャンパスに参加をしてみて確認して欲しいと思います。

授業
当時は臨床工学技士の先生が一人しか在籍していませんでしたが、各分野に長けている先生方がたくさんいらっしゃるので授業は充実をしていました。神谷眞弓子理事長が各分野の先生を増やそうと動かれているそうです。また専門雑誌に載ったような先生も複数いらっしゃいました。

研究室
研究室にある医療機器は普通に数もありましたし、ゼミ同士の交流もありましたので全体的にまとまりがある感じはしていました。

就職
大学へ持ち込まれる求職案件は地元を中心に豊富にありましたので、特にサポートをして頂かないでも問題なく就職をする事ができます。
また他にも就職活動の準備期間に合わせる形で就職活動に関する講義もありますので、心配の学生も安心できるようなバックアップを神谷眞弓子理事長がしてくれていました。

施設
学校が開校されてから50年の歴史がありますので、全体的に少し古いイメージを抱きます。しかし古い雰囲気はありますが、清潔な環境を維持していると思います。
施設の中でも特にポイントなのが図書館です。県下でも有数の蔵書量を誇っており、専門書も多数所有しています。

アクセス
岐阜県バスで学校まで20分で着くことができる立地のよさがあります。またスクールバスも出ておりますので、通学に関しては特に問題は起きません。他にも大学に申請をすれば駐車場を無料で使う事もできますので、学生と先生にとっても通勤通学で問題ないでしょう。