岐阜薬科大学

岐阜薬科大学 基本情報
所在地:岐阜県岐阜市大学西1-25-4
最寄り駅:名鉄名古屋本線 名鉄岐阜、名鉄各務原線 名鉄岐阜
交通アクセス:JR岐阜駅または名鉄岐阜駅から岐阜バス岐阜大学・病院線岐阜大学病院行き岐阜大学病院下車徒歩3分
電話番号:058-230-8100
公式HP:http://www.gifu-pu.ac.jp/
学部:薬学部
学長:稲垣 隆司

学部

薬学部
薬学科
薬科学科

・主な就職先
薬学部
病院薬剤師(31名)、薬局薬剤師(14名)、製薬企業(開発・学術)(6名)、製薬企業(営業・MR)(4名)、製薬企業(研究・試験・製造)(6名)など

概要

岐阜薬科大学は、岐阜市に本部を置く国立大学です。
昭和初期には日本で社会科学、自然科学、人文科学を発展させて科学立国として高めていくという機運が高まってきました。
そこで岐阜薬科大学では日本の薬学の進歩のため、広く知識を広めて、深く薬学に関する知識の集積と活用できる人材を育成することを目的として設立されました。

そのような理念のもと、昭和6年、医薬、化学の知識を広め、併せて県内の資源を開発し、国民保健衛生の普及向上と化学工業の発展に寄与するため、当時の市長松尾国松氏の発議により市議会において本学設立の議決されました。
昭和7年4月に、岐阜薬科大学の前身である岐阜薬学専門学校が、市立として全国に先駆け岐阜市九重町3丁目に創立されました。
以来順調な発展をたどり、昭和24年3月学制改革に伴い岐阜薬科大学として新しく発足し、昭和28年4月には大学院(修士課程)を、さらに昭和40年4月には博士課程を設置しました。